ようやく更新しました!震災から2年7か月

 震災から2年7か月経過し、ようやく更新しました
震災直後は、地震の影響で何もやる気が起きずにいました

2011年1月着工の生鮮食品の店舗の基礎を3月15日に控えた
3月11日に地震が起きました

竣工間際の住宅の最終仕上げ工程の最中に地震に遭いました
おかげさまで、建物には影響を受けずに済み
お客様に迷惑を、おかけすることなく引き渡すことができて
非常に幸運でした

また、先の生鮮食品の店舗は、約150坪の広さで、平屋のため
基礎も当然、約150坪ありましたが
基礎のコンクリートを打設する前に地震に遭いました

現場は、宮城県大崎市古川にあり地盤の良くない地域で
柱状改良をしたところで、おかげで基礎の下地やベースコンクリートには
ほとんど被害がなく、地盤改良の成果を実感することとなりました

工事は、約1か月ストップし、4月2日に生コン工場が、再稼働できるようになり
再開でき、工期も2週間の遅れで引き渡すことができ、これも幸運でした

実は「時間」を売っている!LCC(格安航空会社)・時間性バイキング居酒屋

 最近、ネットや新聞、テレビで話題の格安航空会社や時間性バイキング居酒屋は
一体何を売ろうとしているのか、皆様、ご存知でしょうか?

航空会社は旅行の為の席(シート)を、居酒屋はお酒や肴を売っている
と思っていませんか?

実は、「格安航空会社」も「時間性バイキング居酒屋」も同じものを売っているのです!
このように言うと、「えー!」と驚くかもしれませんが
確かに同じものを売っているのです

その答えは、「時間」なのです
格安航空会社や時間性バイキング居酒屋は、時間を売っていることに
気が付いている方は、ごくごく、少数派だと思いますが!

航空会社は、元々、時間を売っていたのです
どのような時間かと言えば、たとえば、新幹線と飛行機が競合するということは
新幹線が整備される地域では、新聞、テレビでよく話題になります
ここまで言うと、お分かりになる方も出てくるでしょうが

そうです、鉄道を利用する時間と、飛行機を利用したときとの「時間差」
その「時間差」つまり「時間」を売っていたのです

飛行機は新幹線に比べて、一度に運べる人数も少なく、
運行コスト(燃料など)も大きく
旅客一人当たり、経費が多く掛かりますので、運賃も当然高くなるわけですが
当然、航空運賃の中には、優位性を生かして最大限に運賃を高くしている?
新幹線も航空運賃を意識しての運賃設定をする

でも、高速鉄道の新幹線の出現で、時間的優位性による運賃確保が難しくなると
経費やコストの見直し、と称して新幹線に近い運賃設定などの対策をしていますが

格安航空会社や時間性バイキング居酒屋は
「時間」=「お金」ということを認識し、「時間」すなわち「お金」
というスタンスで見直した結果
空港の滞在時間の短縮、着陸料の安い空港の利用、・・・等々の結果
世界を一周しても15,6万円程度にまでの料金になりました

居酒屋の世界も、一時はメニューの単価勝負でしたが
「時間軸」で考えた結果、15分394円、1時間1,575円という単価が出たようです
こうすることで、回転率も上がり、酒も肴もセルフサービスであれば、
人件費の削減も同時に実現できると言うわけです

ここまで長々とお話いたしましたが、住宅で言うとどうなるのか?

当社は、住宅CPM普及促進協議会と一緒に10年以上前に
40坪一千万円、工期は基礎を除き1週間程度、しかも高断熱高気密の住宅を実現しています

平成12年には、次世代省エネ基準の評定を受け
当社が建てる住宅の基本仕様は、すべてこの次世代基準です

見せかけの坪単価を安く見せ、集客し最終的には、約倍近い単価になるビジネスモデルで
住宅を販売している会社のなんと多いことか、嘆かれることなのですが!??

本当のCPM手法を駆使すれば、すなわち「時間」=「お金」のスタンスで
本当の意味で「時間軸」で住宅をマネージメントすると
適正価格で高性能な住宅の提供が可能になります

詳しくは、当社HPを、ご覧いただければ、確認できますから!!


 



 


「捨て」コン とは言うけれど!!?

 捨てコンという言葉を、お聞きになった事がある
と、いう方も居られると思いますが
我々、業者の間では、しばしば、「捨てコン」打設が、何時いつ?

などと言う言葉で、工程の確認をすることがあります
「捨てコン」などと、乱暴な言い方をしますが
通常、建築用語では、「ベースコンクリート」と言います

「捨てコン」=「ベースコンクリート」とは
言葉の地味さとは裏腹に、大変重要な位置づけがある工程です

なぜか?というと、普通、建物は基礎が大切だと、誰しもが言います
基礎がしっかりしないと、建物がきちんと建たないと!

でも!、基礎の基礎があるとは、思いもよらないところではありませんか?

基礎を水平に、寸法どおりに作る為に
でこぼこの地面に、水平な面をつくる
これが、「捨てコン」=「ベースコンクリート」なのです

基礎の基礎ですから非常に、重要なのですが
「捨て」コンなどと、いらないもののような呼び方をします
でも、重要性をご理解いただけたところで
下の写真が、最近のベースコンクリート施工の写真です


       

写真のベースコンクリート=捨てコンの上に
基礎の鉄筋が組みあがった現場が、下の写真です
基礎は、このような工程を経て施工されています                 
  
       

周りに白く見えるものが、基礎断熱の断熱材です
この建物は、温熱4等級を満たす建物で、CMでお聞きになった事がある
冬暖かく、夏涼しい建物になる予定です

今日は、資金計画から外れた話の紹介でした 


皆様は「家作りをどのように進めればよいか」ご存知ですか?

住宅を購入(新築)を、お考えの方々は
経済情勢にかかわらず大勢いらっしゃると思われます

しかし、現在の経済情勢の下、家そのものは勿論のこと
いつ決断すればよいか、どのような住宅ローンを選べばよいか
毎日悩みつつ、休日には家族で、近くの住宅展示場などに出かけて、いろいろ見て周ったり
資金計画セミナーに参加して、有利なローンを勉強したり
結果、家の設備や家の性能、さらにはローンについても万全の知識がそろっても

なかなか、いざ家を建てようとしても、どのように進めていけばよいか、
今一よくわからない!
と、いうことで、家作りが、なかなか進まないのが本音ではないでしょうか?

その原因は?
実は、皆様に原因があるのでなく
住宅メーカー、セミナー開催者(銀行、FP、保険代理店・・・)は、
皆様に対して教えていることは、実は「家の見方」「家の性能」「ローンの金利」「ローンの種類」・・・を、
教えてはいますが
「家を購入するための手順」は一切教えてはいないのです!

ですから、皆様方は、どんなに住宅展示場をたくさん見学しても、
どんな資金計画セミナーに参加しても
今一、「腑に落ちない!」という感情にさいなまれる訳です

もし、家を新築しようとして
「どのように自分の家作りを進めていったら失敗しないか」
入居日が何時かという目標があっても
いつローンの申し込みをしたらよいか」
「いくらぐらい費用がかかるか」
「いつ契約しなければならないか」


というようなことで、お悩みであれば
宮城県内在住の方、限定で
家の見方は、よくわかった。ただ次に「何をしたらいいんだろうか?」
よくわかる資料をプレゼントいたします

ご希望の方はこちらのホームページから、お申し込みください



「参議院選挙の結果」と「住宅ローンの金利動向」の関係?

参議院議員選挙が昨日(7月11日)終わり、
その結果は、皆様ご存知のとおりです
その結果によって、株価がどのように変化するかなどに関心があっても
意外と住宅ローンの金利がどうなるか?との関心は少ないようです

選挙期間中や、投票について、候補者個人や政党に関心はあっても
住宅購入を予定している方が、
選挙結果により住宅ローンの金利動向を睨み、投票先を検討することなど稀だと思います

さて今回の結果を踏まえて検証してみますと
7月初めにかけては、円高、株安、債権高(長期金利低下)が進んでいました

鳩山首相から菅首相に交代し、
菅内閣の「財政再建路線」も材料とし、お金は国債に流れやすい環境になり、
長期金利は一時1%の大台割れもうかがい、
フラット35の7月の金利は、史上最低の2.32%(借入期間21年以上35年以内)をつけました

しかし、昨日の選挙結果は、与党の過半数割れとなり
消費税増税論議が後退するとの見方などにより、国債が売られ、長期金利の上昇につながりました

衆参のネジレ状態での国会審議となれば
政治的に不透明感が強まり、市場を冷やすことになり、国債価格の低下となれば
長期金利に連動するフラット35の金利も、当然、上昇し、
同じ金額を借りても月々の返済額は上昇します

しかも、大幅な金利の上昇があると
返済率により予定の借入額の確保にも影響が出る局面も考えられます

いづれにしろ、今の日本の金利は世界最低水準です
選挙結果、日本の国債残高、景気動向などなど金利上昇の要因ばかりです

住宅購入を、お考えの方々は、現状を見極め、早く住宅ローンの金利を押さえることが得策です

このようなことも考慮し、選挙投票先の決定をすることも大変重要な要因となります
勿論、ご自分の主義主張も大切なことはいうまでもありませんが!!


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:52 最後に更新した日:2013/10/07

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM